ウコン

べジージーに含まれるウコン

 

 

お酒を飲む前に、飲んだ後に、活躍するものといえばウコンなのではないでしょうか。

 

コンビニなどで、ドリンクタイプのウコンがよく販売されていますよね。

 

 

しかし、ウコンとはどんなものなのかご存じでしょうか?

 

 

ウコンの原産国は東南アジアであり、インドやジャワ島、タイに多く生息しています。

 

日本には古くからウコンが伝わっていました。

 

 

生姜科ウコン属に分類される多年草植物で、学名はクルクマロンガと呼ばれています。

 

収穫時期は2度あり、春は3月から4月にかけて、秋7月から8月にかけて花を咲かせます。

 

 

生薬としても有名なウコンは、胆汁の分泌効果、唾液の分泌効果、胃液の分泌効果、強心作用、潰瘍の増殖防止があるといわれています。

 

 

アルコールを摂取した後は、肝臓にどんどん負担がかかってしまいます。

 

肝臓が弱まると、アルコールが十分に分泌出来る、体調不良や二日酔いを招いてしまうのです。

 

ウコンは胆汁の分泌や胃液の分泌効果があるので、体をアルコールが分泌しやすい状態にしてくれるでしょう。

 

 

お酒を飲む前にウコンを飲むと効果的ですが、飲酒後に飲んでも十分に効果を実感することが出来ます。

 

 

また、カレーライスの黄色はウコンにも含まれているクルクミンという成分です。

 

カレーの粉にもウコンが含まれていることが多く、カレーを食べることで二日酔いを改善できるといわれているのは、ウコンの成分のお蔭でしょう。

 

 

人気です!