水溶性食物繊維

水溶性食物繊維

 

 

ダイエットに欠かせない成分といえば、食物繊維でしょう。

 

そんな食物繊維は、水溶性と不溶性の2種類あるということをご存じでしょうか?

 

 

水溶性と不溶性は名前の通り、水によく溶ける食物繊維と水に溶けにくい食物繊維の種類となっています。

 

 

不溶性食物繊維は、主に成熟した野菜等に多く含まれており、ぼつぼつとした糸状の長い筋になっています。

 

穀物類、野菜、豆類などを食べることで摂取をすることが出来ます。

 

 

水溶性食物繊維はさらにねばねばした水溶性食物繊維とサラサラした水溶性食物繊維に別けることが出来、昆布やわかめ、こんにゃくや果物から補うことが出来るでしょう。

 

 

水溶性食物繊維は、食品素材としても良く使われる成分であり、ポリデキストロースや難消化性デキストリンに加工されています。

 

 

水溶性食物繊維は、粘着性のある成分であり、胃の中をゆっくりと移動していきます。

 

そのため一度体内に取り込むと、満腹効果を得られやすく食べ過ぎを防止してくれるでしょう。

 

他にも糖質の吸収を緩やかにしたり、食後の血糖値の急激な上昇を抑えてくれる役割りがあると言われています。

 

 

コレステロールや胆汁酸の吸着効果、ビフィズス菌増幅効果などもあり、健康にもダイエットにも欠かせない成分だといわれています。

 

 

 

人気です!