野菜不足でどんな弊害が起きるか?

野菜不足でどんな弊害が起きるか?

 

 

野菜はさまざまな栄養を豊富に含んだ食材です。

 

そんな野菜の摂取を怠ると、どんな弊害が起こるのでしょうか?

 

 

日本人は、近年野菜不足の傾向にあります。

 

昔は食生活が野菜中心であった日本人ですが、最近は肉や加工食品が中心になってきましたよね。

 

そのせいで、野菜不足の人が増えつつあるのです。

 

 

まず、野菜にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

 

これらの成分は体の免疫力をアップし、病気になりにくい体を作り上げてくれるでしょう。

 

しかし野菜不足が影響して、病気になりやすかったり、感染症が発症しやすい状態になってしまいます。

 

また、抗酸化作用も弱まり、体の老化が早まってしまうでしょう。

 

 

人の体は少しずつ錆びついていくのですが、野菜から栄養を補うことで酸化を防ぎ、若い体を維持することが出来ます。

 

これが出来なければ、どんどん老化してしまうでしょう。

 

 

他にも、ビタミンD、カリウム、食物繊維などはとても重要な成分です。

 

 

カリウムが不足すると高血圧を引き起こしてしまいますし、食物繊維が不足すると、腸の動きが鈍ってしまうでしょう。

 

 

 

野菜を食べる習慣がないという人や時間がないという人は、グリーンスムージーや青汁から野菜の成分を補ってみてはいかがでしょうか。

 

 

人気です!