現代人は野菜・果物不足

現代人は野菜・果物不足

 

ビタミンの効果

 

現代人は、野菜も果物も摂取量が不足しているといわれています。

 

 

日本は四季に恵まれているお蔭で、一年中さまざまな旬の野菜を食べることが出来る国です。

 

しかし外食ばかりの人やコンビニなどの便利な食品が増えたせいで、野菜や果物をしっかりと食べる若者が減ってしまったのでしょう。

 

 

野菜や果物を食べないと、ビタミンやミネラル、食物繊維など大切な栄養が不足してしまいます。

 

特にビタミンAは6割以上が野菜から、ビタミンCは3割以上が果物から摂取しているといわれている成分なので、野菜や果物を食べないとビタミン不足に陥っ
てしまうでしょう。

 

 

ミネラルも大切な栄養素です。

 

ミネラルは、鉄分やカルシウムなどさまざまな栄養が含まれており、とても大切な栄養素となっています。

 

 

これらは体内のさまざまな器官で重要な役割を行う栄養であり、たとえばビタミンAは目の粘膜強化、ビタミンCは免疫機能の強化、カルシウムは神経の働きや骨作りなどに作用しています。

 

 

重要な栄養素が不足した状態では、体に不調を招く原因となってしまうのではないでしょうか。

 

 

野菜や果物が不足している反面、肉類は逆に摂取量が増えている現状です。

 

このままでは脂質を摂取しすぎる余り肥満や生活習慣病に陥ってしまい易くなるでしょう。

 

健康の為にも、栄養バランスを考えた食生活を行うようにして下さい。

 

 

 

人気です!