グリーンスムージーの好転反応とは?

グリーンスムージーの好転反応

 

 

グリーンスムージーを飲んでいると、好転反応が現れることがあります。

 

好転反応とはどんな反応なのでしょうか。

 

 

グリーンスムージーは飲み始めると眠気、倦怠感、吐き気などを感じることがあるといわれています。

 

また、人によっては便秘や下痢、胃痛、頻尿、発熱、吹き出物が出る方もいるでしょう。

 

 

これらの症状は、全てグリーンスムージーによる好転反応なのかも知れません。

 

 

人の体には、添加物や紫外線、ストレスなどによって活性酵素が出てきます。

 

活性酵素は人の体に悪い成分であり、体内にとどまり続けると病気や老化の原因となってしまいます。

 

 

グリーンスムージーを服用することで、体内に大量に酵素を取り込むことが出来ます。

 

酵素を吸収することで還元力が働き、活性酵素が無害化されていくのです。

 

そのため、体内ではどんどん活性酵素を無害化する働きが行われていきます。

 

 

無害化された活性酵素を排出するために、体は様々な化学反応を起こしていくでしょう。

 

これがグリーンスムージーによる「好転反応」なのです。

 

 

体を修復する為の活動であり、好転反応はとても大切な活動です。

 

飲みはじめは好転反応に悩まされるかも知れません。

 

しかし、ある程度活性酵素を除去することができれば症状も改善していくでしょう。

 

 

 

人気です!